※本サイトの記事にはPR情報が含まれます。

髪の保湿は何をすれば良い?簡単習慣とおすすめアイテムをまとめて紹介

きれいな髪を手に入れたい!女性のためのコラム【美髪・髪質改善】

  • ・当記事は記事作成時点での情報を基に掲載しております。最新情報は各機関公式サイトにてご確認ください。
  • ・掲載の商品・サロンについては、編集部による独自調査にて推薦しており、効果・効能を保証するものではありません。
  • ※AmazonおよびAmazon ロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
空気が乾燥する秋冬、元々の肌質や毛質、カラーリングやパーマなど様々な理由で、髪や頭皮は乾燥ダメージを受けています。
保湿などのケアが必要なのはわかっていても、具体的に何をすれば良いのかわからず、結局放置してしまっている方もいるのではないでしょうか?
この記事では、髪の保湿方法に悩む方に向けて保湿の重要性、髪の状態チェック、乾燥の原因、取り入れると良い簡単な習慣をお伝えしつつ、おすすめのヘアケアアイテムもご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること!

髪の保湿は美髪に欠かせない

髪を保湿することは、髪を美しく保つために欠かせない要素の1つです。
見た目の印象を大きく左右する髪を美しく保つことで、人と対面したときに若々しさや清潔感といった好印象を与えることができます。

髪を保湿することで得られる具体的なメリットは、指通りの良いサラサラな状態になること、ツヤのある状態を保てること、パサつきや広がり、うねりなどの悩みがケアできることなどが挙げられます
ダメージなどによる髪の乾燥が気になる方も、保湿ケアによって悩みの低減が期待できます。ダメージが少なく若々しい美髪のためには、保湿が欠かせないのです。

保湿ケアをするべき?髪の状態をチェック

保湿ケアをするべきか、または保湿ケアで低減が期待できるのかを知るべく、まずは髪の状態チェックをしましょう。
ここでは、髪が保湿ケアをするべき状態かのチェックポイントとして4つ取り上げます。

  • 髪がパサつく
  • 指通りが悪い
  • 枝毛や切れ毛が多い
  • 上手くまとまらず広がる

髪がパサつく

髪が乾燥した状態だと、触ったときや見た目でわかるようなパサつきが出てきます。
指通りやブラシの通りが悪いとそれだけでストレスを感じてしまいますし、パサついた髪は見た目の印象も良くありません。清潔感のない印象を与えてしまいかねないため、髪のパサつきはない方が良いでしょう。
髪をさわったときにパサついていると感じたら、髪の潤い不足が起きていると考えてください。

指通りが悪い

乾燥した髪は指通りが悪く、ブラシや指が引っかかりやすくなります。日々のブラッシングや、スタイリング時の手ぐしが引っかかるような感じがしたら乾燥のサインかもしれません。
また、指通りが悪いという中でも髪が絡まってしまう場合はかなり乾燥している可能性があります。ダメージを負いすぎた髪は少しの摩擦などをきっかけに絡まってしまい、そこにブラシを通すとちぎれてしまうこともあるのです。
指通りが悪い、または髪が絡まりやすくなったときは髪の乾燥ケアが必要です。

枝毛や切れ毛が多い

髪が乾燥ダメージを受けると、枝毛や切れ毛が増えていきます。
毛先を目で見られる長さの方は、ぜひ毛束を取って枝毛を探してみてください。乾燥によって髪が裂けて、1本の髪の先が二股になっていたら枝毛です。
切れ毛は文字通りプツンと切れてしまった毛のことで、やはり乾燥ダメージが原因となっていることが多いものとして挙げられます。ブラシをしたとき、シャンプーをしたときなどに中途半端な長さの毛が落ちるようなら、切れ毛が増えていることを疑いましょう。枝毛や切れ毛が多い場合、乾燥によるダメージが蓄積している可能性が高いです。

上手くまとまらず広がる

乾燥して水分が少なくなった髪は、静電気が溜まりやすくなっています。そこでブラシやクシを通して摩擦が起こると、更に静電気を帯びて髪がバサッと広がってしまう原因になります。
まとまりにくくバサバサと広がる髪は、主に乾燥ダメージが原因と考えられます。スタイリングがしづらかったり、寝起きの髪がバサバサだったりする方は要注意です。

髪が乾燥する原因

髪の乾燥ケアのためにアイテムを仕入れたり、特別な習慣を取り入れたりしたとしても、根本的に髪が乾燥する原因がわかっていなければ乾燥を繰り返してしまいます。
ここでは、髪が乾燥する原因としてよくあるものを3つピックアップしてご紹介します。普段の自分に当てはまることがないか、見直してみましょう。

髪の毛の洗い方が良くない

1つ目は、髪の毛の洗い方です。
シャンプーのなんて、さほど差はないのでは?と思いがちですが、実はデイリーケアである髪の毛の洗い方が良くないだけで髪や頭皮には大きなダメージがかかります。
シャンプーを泡立てずに髪につけてしまう、髪が擦れるような洗い方をしている、爪を立てて洗っている、お湯が熱すぎる、など、髪と頭皮の乾燥に繋がるNG行為は意外と多いのです。
シャンプーをするときは泡立ててから髪につけ、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。お湯は37〜38度程度がおすすめです。低すぎると余分な皮脂が落としきれず、高すぎると乾燥しやすくなってしまうためです。

髪を自然乾燥させている

お風呂上がりにすぐドライヤーをせず、自然乾燥させてしまうのも乾燥やダメージの元です。
濡れた髪はキューティクルが開いた状態のため、無防備でダメージを受けやすくなっています。ほんの少しの摩擦でも大きなダメージを受けてしまい、キューティクルが剥がれ落ちてしまうことを覚えておきましょう。
お風呂上がりはタオルドライの後すぐにドライヤーを使い、髪が濡れたままの時間をなるべく少なくするよう努めてください。

生活習慣や栄養不足

3つ目に、生活習慣の乱れや栄養不足です。直接髪の乾燥に関係がないように思えるポイントですが、髪に十分な栄養が行き届いていないと乾燥やダメージに拍車がかかってしまうため注意しましょう。
髪の毛を構成する主な栄養であるタンパク質や亜鉛、ビタミンなどをきちんと食事で摂りつつ、きちんと睡眠時間を確保したり適度に運動して、元気な髪の毛が育つ環境を整えてください
栄養がきちんと行き届いている髪は強く、乾燥も起こりづらくなります。日常的な食事や生活習慣が乱れていると、徐々に髪は元気を失い乾燥しがちなパサついた状態になってしまいます。

自分でできる!髪の保湿に良い簡単習慣

乾燥した髪の特徴や、髪が乾燥する原因について知った上で、髪の保湿に良い生活習慣を7つご紹介します。
どれも自分でできるものなので、できそうなことから取り入れてみてください。

シャンプーを髪質に合わせる

髪質に合わせたシャンプーを使うだけでも、乾燥ケアの効果が期待できます。
乾燥が気になるときは洗浄力が強すぎないアミノ酸系シャンプーや、薬用シャンプーなどの保湿・補修効果が高いものを使うと良いでしょう。
どんなシャンプーが良いのかわからないときは、美容室などで相談するのもおすすめです。

シャンプーを正しくおこなう

髪の毛の洗い方が間違っていると、髪や頭皮の健康が損なわれてしまいます。乾燥ダメージも例外ではないため、シャンプーは正しくおこないましょう。
力を入れたり爪を立てたりせず、ヘッドマッサージするようなイメージでおこなうのがコツです。また、シャンプーは原液のまま髪につけず、泡立ててから使うようにしてください。
洗い終わりは、洗浄成分が残らないようにしっかりお湯で洗い流すことも忘れてはいけません。

トリートメントを取り入れる

トリートメントを使っていない方は、ぜひ保湿効果のあるトリートメントを習慣化してみてください。
ダメージ補修、保水、コーティングなど商品によって期待できる効果は様々ですが、トリートメントで髪をケアしながら守ることで良い効果が期待できます乾燥ケアだけでなく、紫外線ケアにも役立つトリートメントなどもあるので、色々な商品を比較検討してみてください。

定期的なスペシャルケアを取り入れる

髪の乾燥ケアとして、デイリーケアとは別にスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。
スペシャルケアとは、文字通り普段とは違う特別なケアのことで、週1や月1など、内容によって頻度が異なります。
ホームケアとしては炭酸シャンプーなど、サロンケアとしてはトリートメントなどが挙げられます。髪質や髪の状態、ダメージレベルなどに合わせてスペシャルケアを上手く取り入れれば、より美しい髪を手に入れることができるでしょう。

髪の乾かし方を見直す

髪を乾かすときは、自然乾燥ではなくドライヤーでの乾燥を心がけましょう。
また、タオルドライは擦らず軽く叩くように、または絞るようにおこなってください。ドライヤーを使うときは15cm程度は頭から離して使い、熱ダメージを避けましょう。

保湿効果のあるスタイリング剤を使う

普段からスタイリング剤を使う方は、ぜひ保湿効果のあるものを使ってみてください。スタイリング剤の中にも保湿効果のあるものや乾燥を予防できる効果が期待できるものなどがあります。
ヘアケアにも力を入れているブランドから出ているものは、スタイリング剤にも色々な効果が上乗せされていることが多いのでチェックしてみましょう。

髪用の日焼け止めを使う

髪の乾燥は、摩擦や熱だけでなく紫外線によっても起こります。そこで、髪に使える日焼け止めを使うことで乾燥を予防することができるのです。ただし、一般的な肌用の日焼け止めを髪に使うとかえってダメージになってしまうこともあるので注意しましょう。
髪にも使える、または髪専用の日焼け止めを使ってケアしてください。もしくは、日傘や帽子などで物理的に紫外線から髪を守るのも良いでしょう。

髪の保湿に役立つおすすめアイテム5選

 

 

YOLU カームナイトリペア ヘアオイル

YOLU カームナイトリペア ヘアオイルは、夜間のヘアケアに注目して開発された商品です。広がりやパサつきが気になる髪に潤いを与え、ダメージの補修効果も期待できます。
夜にシャワーを浴びて、乾かしたときの髪は良い感じなのに、寝て起きたら広がってバサバサになってしまっていたり、絡まっていたりするという悩みのある方におすすめです。
睡眠中の摩擦や乾燥から髪を守る効果が期待できるヘアオイルなので、ナイトケアに力を入れたい方は一度試してみてはいかがでしょうか?

商品名 カームナイトリペアヘアオイル
メーカー 株式会社I-ne
容量 80ml
定価(税込) 1,540円
Amazon

出典:株式会社I-ne

Essential THE BEAUTY 髪のキメ美容プレミアムリペアトリートメント

Essential THE BEAUTY 髪のキメ美容プレミアムリペアトリートメントは、髪の美容にこだわったトリートメントです。美髪のためのベースメイクをコンセプトに、毛の流れを整えながら手触りの良い髪質へ導きます。ダメージを受けた髪を補修し、ツヤのある美しい髪を取り戻すサポートをしてくれます。
11種のアミノ酸成分、天然由来の美髪オイル、グルコースを配合し、髪に潤いを与えてくれるため、乾燥しがちな季節のケアにもおすすめです。

商品名 エッセンシャル ザビューティ 髪のキメ美容プレミアムリペアトリートメント
メーカー 花王株式会社
容量 250g
定価(税込) 955円
Amazon

出典:花王株式会社

ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトミスト

ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトミストは、発売からすぐSNSを中心に大きな話題となったミストタイプの日焼け止めです。
プッシュで簡単に使える日焼け止めで、手がベタつかないことや時短であることから人気商品となりました。日焼け止め効果も高く、肌はもちろん髪にも使えることが特徴です。
髪の紫外線対策に何が良いのか悩んでいる方はもちろん、肌の日焼け止めと髪の日焼け止めをいちいち分けたくないという方にもおすすめです。

商品名 ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトミスト
メーカー 花王株式会社
容量 60ml
定価(税込) 1,188円
Amazon

出典:花王株式会社

8 THE THALASSO CLEANSING REPAIR & MOIST 美容液シャンプー

8 THE THALASSO クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプーは、名前の通り美容液をベースとして開発されたシャンプーです。
髪と頭皮に潤いを与え乾燥を防ぎ、エイジングケアも期待できます。きめ細かな泡で優しい洗い心地が特徴で、洗いながら保水できる新しいヘアケアアイテムです。
ノンシリコン、サルフェートフリー、パラベンフリー、無鉱物油、合成着色料不使用のため、安心して使えるのもおすすめポイントです。ドラッグストアなどで手軽に購入できます

商品名 エイトザタラソ クレンジングリペア&モイスト 美容液シャンプー
メーカー ステラシード株式会社
容量 475ml
定価(税込) 1,540円
Amazon

出典:ステラシード株式会社

SALONIA(サロニア) スピーディーイオンドライヤー

SALONIA スピーディーイオンドライヤーは、ドライ時間を短縮して髪と頭皮への熱ダメージを低減する効果が期待できる商品です
風量が大きく速乾性に優れたドライヤーで、ロングヘアでも短時間でのドライが可能です。また、マイナスイオン機能搭載で髪に優しく、ヘアケアに力を入れたい方におすすめできます。
マット仕上げで単色の見た目がオシャレで、季節ごとに限定カラーも展開しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

商品名 SALONIA(サロニア) スピーディーイオンドライヤー
メーカー 株式会社I-ne
カラー ブラック/ホワイト/グレー/ネイビー/ベージュ
本体重量 約495g
最高温度 約103℃  (TURBO・室温30℃・ノズル装着時)
最大風量 2.3m3/min
最大消費電力 1200W (TURBO時)
ヘアケア機能 マイナスイオン機能搭載
定価(税込) 5,918円(税込)

Amazon

出典:株式会社I-ne

まとめ

髪は、乾燥するとパサついて指通りが悪くなったり広がりやすくなります。
髪の乾燥には様々な原因があり、日々の習慣を1つずつ見直すことが大切です。また、原因に合わせた対策やスペシャルケアを取り入れるのも良いでしょう。
この記事では髪の乾燥ケアにおすすめのアイテムもご紹介しました。もし気になるアイテムがあれば、ぜひ1度試してみてください。
髪の乾燥を正しくケアし、若々しく美しい髪を手に入れましょう。